ゆっくり。ゆっくり。

    2歳で虹の橋へ旅立った最愛のアプリンと不思議な縁でやって来たプリリン、元保護犬トイプーのセレナの徒然日記。保護犬も下宿中。

    悲しい現実 by パパ

    ▶ By pawmom, , トラックバック: 0
    おはようございます、パパです。

    先週末の話になりますが、ペットショップへ買い物に行きました。
    20130126_1.jpg 
    知らない人に緊張して、シッポだだ下がりで壊れ気味の女王様。

    実は、まだ家の床がプリ対策されていないため、とりあえずの靴下を買いにきました。
    20130126_2.jpg 
    足のサイズを確認中ですが、店員さんに足を触られ遠いところを眺めてます(笑)

    週末なので子供連れの家族など、子犬の販売スペースはたくさんの人だかりが。
    20130126_3.jpg 
    とっても元気な子がいたのでご挨拶。

    あまりに人が多いので、なぜだろうと思いながら気づきました。
    20130126_4.jpg 20130126_5.jpg  20130126_7.jpg 20130126_6.jpg 
    まさかの半額~半額以下。。生後3ヶ月のチワワ以外は4ヶ月~5ヶ月のパピーたちです。
    なんとなく、なぜ里親募集や管理センターの収容犬に純血種が多いのか、わかる気がしました。。

    大切な時期をガラスケースの中で過ごす子たち。。

    以前、保護団体の方が話されていました。
    「買うのはもったいないし、チワワの男の子がいたらどれでもいいからください」
    というような連絡が普通にあるそうです。

    プリ、こうやってガラスケースの中で何ヶ月も過ごすワンコもいるんだよ。。
    20130126_8.jpg 
    自由気まま(すぎるけど)に生活できてるって幸せだよね?

    こういう現実を知って、明日からイイコになろうと決めたプリなのでした。

    なんてことは。。ないですよね(笑)

    この子たちが幸せな犬生を送れますように。
    泥だらけになって、管理センターの中で命を終えるようなことがありませんように。

    いつも応援ありがとうございます。
    アプリンをポチッとしていただけると喜びます。
                 ↓
    「あたちなんて産まれた直後に死ぬとこだったでちよ」
    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ ←アプが助けられてパパママのところに来てくれてよかったよ!
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    Trackback

    trackbackURL: http://apfull.blog.fc2.com/tb.php/218-5f0d0cd8