ゆっくり。ゆっくり。

    2歳で虹の橋へ旅立った最愛のアプリンと不思議な縁でやって来たプリリン、元保護犬トイプーのセレナの徒然日記。保護犬も下宿中。

    恨みまぁ~す~ by パパ

    ▶ By pawmom, , トラックバック: 0
    おはようございます、パパです。

    昨日・一昨日の記事は、皆さんからたくさんのコメントを頂き、ありがとうございました。
    またいい写真でもあれば企画したいと思います。

    今日の記事、朝から物騒なタイトルですいません。(笑)
    いつもの笑顔のアプではなく、別の顔を紹介しようと思います。

    今年の6月のある日、パパとママがケーキ屋さんのテラス席でケーキを前にして、
    アプの眼からものすごい圧力を感じていました。
    20121130_1_1.jpg 20121130_2_1.jpg 
    この時パパとママの脳裏には、ある日の思い出がデジャヴのようにフラッシュバックしていました。


    去年の春、アプとドッグランで遊んだ帰りの夕方、
    パパとママは夕食を取ろうと喫茶店に入りました。

    アプが心配で、店内からすぐ見える位置に車を止めていたのですが、
    料理が出てくるのを待つ間、ふとガラス越しにアプのいる車に目をやると・・・
    20121130_3.jpg 
    「・・・。あたちは置いてけぼりでちか・・・?」

    車の窓からアプの悲哀な顔が覗いていました。
    その表情に、さっきまでドッグランで楽しく遊んでいた笑顔はありません・・・(汗

    パパとママはアプに向かって、笑顔で手を振ってご機嫌を取ろうとするのですが、
    アプからの返答のように、パパママの脳内に中島みゆきの 「うらみ・ます」 が流れてきました。
    20121130_4.jpg
     

    「こ・・・これは、車でお留守番のトレーニングなんだよね!」
    「ダメダメ。ここで視線を合わせたら、期待させてしまうから可愛そうなんだよ。」
    パパとママは、ものすごいプレッシャーに耐え忍びながら急いで食事をとったのでした。

    こんなこともありましたが、おかげでアプは比較的ON/OFFのしっかりした子になってきていたと思います。
    パパママと一緒にいるときは、くっついて弾けるように遊び、いないときは大人しく自分の時間をつくれるように。

    でもパパママにとっては、やっぱりアプのかわいい笑顔の表情が一番だよ!
    また一緒にいっぱいいっぱい遊ぼうね!

    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    Trackback

    trackbackURL: http://apfull.blog.fc2.com/tb.php/162-facdd4aa