ゆっくり。ゆっくり。

    2歳で虹の橋へ旅立った最愛のアプリンと不思議な縁でやって来たプリリン、元保護犬トイプーのセレナの徒然日記。保護犬も下宿中。

    朝の日課 by パパ

    ▶ By pawmom, , トラックバック: 0
    こんばんはパパです。
    いつもコメントいただきありがとうございます。
    いただいたコメントはアプとママにきちんと伝えてます。


    毎日、朝はパパがアプをケージから出して、一緒にお庭に出ていました。
    我が家の周りは道は狭いのに通勤通学の社会人や学生が多く、
    アプが散歩するにはハードルが高すぎる環境でした。
    なので、お散歩は夜のママ散歩で、朝はお庭で過ごしていました。

    パパが畑に入り水遣りや害虫退治をしてる間、
    アプはトイレを済ませ、お庭の内外を巡回しながら、パパの作業が終わるのを待ち。。

    30分ほどでパパは作業を終えて畑から出てきます。
    縁側に腰かけて、「アプー、おいでー。」と言うと、
    やっとでちよ~。」とアプ山での警備を止めて縁側にやってきていました。

    20121020_3.jpg 
      
    ブラッシングやマッサージをしたり、時には膝に乗せてあげたり、
    そして時間が許せばオモチャで遊んだりしてコミュニケーションをとっていました。

    20121020_1_1.jpg 
    でも、それもつかの間。
    パパは出勤の準備があるので、アプと一緒に小屋の前まで戻ると、アプを繋いで家に入ってしまいます。

    それがパパの毎朝の日課でした。

    20121020_2.jpg 
    パパが寝坊をした日は、遅刻ギリギリまで時間を削って、
    5分だけでもアプとのコミュニケーションをとるようにしていました。

    なのに今はもう、朝、アプをお庭に出すことも、
    縁側でスキンシップとることもできないのがとても寂しいです。

    20121020_4.jpg 
    たった5分でも一緒にいられる幸せ。

    かわいいなー。


    にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    Trackback

    trackbackURL: http://apfull.blog.fc2.com/tb.php/120-906f6508